宗教右派の“原点”メイチェンという知の巨人

執筆者:会田弘継 2005年9月号
タグ: アメリカ 日本
エリア: 北米

 二〇〇四年のブッシュ大統領再選の原動力は、宗教票だったとされる。アメリカには福音派(エバンジェリカル)と呼ばれる熱心なキリスト教信者(プロテスタント)が推定八千万人もいる。多くがブッシュ大統領を支持している。 なかでも信仰上の主張を攻撃的に行なう人たちを、キリスト教原理主義者(ファンダメンタリスト)と呼ぶ。 ブッシュ政権を支えているのは、ネオコン(新保守主義者)と宗教右派だともいう。宗教右派とは福音派・原理主義者の別称だ。宗教保守とも呼ばれる。日本の共産党にたとえれば、ネオコンが前衛の思想・政治指導部で、宗教右派は手足となって動く大衆党員、というイメージだ。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
会田弘継 関西大学客員教授、ジャーナリスト。1951年生まれ。東京外語大英米語科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを務め、現在は共同通信客員論税委員、関西大学客員教授。近著に『世界の知性が語る「特別な日本』』 (新潮新書)『破綻するアメリカ』(岩波現代全書)、『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)、『増補改訂版 追跡・アメリカの思想家たち』(中公文庫)など。訳書にフランシス・フクヤマ著『政治の衰退』(講談社)など。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top