暗殺未遂容疑?「執行猶予付き死刑」もありえる「周永康」処分

執筆者:藤田洋毅 2014年1月4日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 中国・台湾
 元中国共産党政治局常務委員、「チャイナ9」の1人だった周永康氏 (C)AFP=時事
元中国共産党政治局常務委員、「チャイナ9」の1人だった周永康氏 (C)AFP=時事

「7人全員が完全同意と全面支持を表明し、書面にサインしました。(2013年)12月1日午前に開催した政治局常務委員会の場です。政治的な処分の当面の決着と言えます。司法機関への送致や裁判は、党の規律にふれる政治闘争の要素を極力薄め、収賄・横領・不正蓄財・職権濫用など明確な違法行為に絞って審判するセレモニーに終始するでしょう」――中国筋は明かした。

 胡錦濤政権後半の5年間(2007-12年)、9人で構成する中国共産党の最高指導部、政治局常務委員の1人として序列9位に座り権勢を誇った周永康・前党中央政法委員会書記に対し、習近平(総書記)率いる現指導部は鉄槌を下すと決めたという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top