【ブックハンティング】現代国際政治と二重写し 一神教に呑み込まれたローマ

執筆者:村田晃嗣 2006年2月号
カテゴリ: 文化・歴史 書評

 塩野七生の『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』(新潮文庫)を読んだのは高校生の頃だから、この著者と(一方的に)邂逅してから四半世紀を経る。多くの読者も長年のつき合いであろう。その塩野の超大作『ローマ人の物語』も、いよいよ終盤にさしかかっている。 本書『キリストの勝利――ローマ人の物語XIV』の主な登場人物は三人である。大帝と称されたコンスタンティヌスの死後、例によって凄惨な権力闘争に勝ち抜いて帝位を継いだコンスタンティウス、その後継者で、しばしば「背教者」と呼ばれるユリアヌス、そして、キリスト教の国教化に寄与したミラノ司教アンブロシウスである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top