国際災害援助でCIMICが力を発揮し始めた

執筆者:西村竜郎 2006年5月号
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 日本

昨年のパキスタン大地震では自衛隊と日本のNGOの連携が結実。海外ではすでに進歩している民軍協力の日本での将来性は――。 大災害や紛争地の復興活動で、国際機関などの文民組織と軍隊が協力する「民軍協力(Civil Military Cooperation=CIMIC)」が世界的に盛んになってきている。互いの「得意分野」を持ち寄って、より効果的な被災者支援などを目指すCIMICは、日本でも最近始まっており、効果を見せつつある。ただ、期待の集まる「日本版CIMIC」の今後には、「見えない壁」も立ちはだかっている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top