発展速度を早めるインドで日本はなにができるのか IT、R&D――「理系の才」はこうすれば活用できる

執筆者:本誌取材班 2006年8月号
タグ: インド 日本

 補完的――インド政府の高官たちに日印関係について尋ねると、この言葉が返ってくる。確かに、日本には資金や技術が、インドには低コストで高度な人材と巨大な市場があり、その結合は販売やものづくりで果実を生み始めてもいる。 だが一方でサービス分野、ことにインドが強いITサービス分野では成果は目立たない。欧米勢はIT専業から一般企業まで千人単位の雇用をともなうIT業務拠点をインドに設けつつあるのに、日本企業では同様の例は見当たらないのだ。 昨年十一月、日立製作所がバンガロールとハイデラバードに日立グローバル・ソリューションセンタを設けたが、現在のところはインドのITサービス大手サティヤムや米国のインド系企業インテリグループの施設内に約百人ずつの部隊を間借りさせているレベルだ。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top