知られざる石油掘削人工島の暮らし

執筆者:シルヴィオ・ピエールサンティ 2006年9月号
タグ: 労働者
エリア: ヨーロッパ

世界の石油の三分の一を賄う海底油田――いまや原油高で景気はいいが、そこでの仕事と生活は過酷だ。[ローマ発]一日三百万トン、いまや世界の石油の三分の一は海底油田から掘り出されている。それを可能にしているのが海底油田の上に建てられる巨大な掘削施設(プラットフォーム)で、世界の海にはこうした「石油掘削島」が七千も存在する。 専門の造船所には、米エクソンモービルや英BP、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル、米シェブロン・テキサコ、仏トタル、イタリアのENIといった世界の石油メジャーから何百もの新たな注文が舞い込んでおり、海上プラットフォームは今後も増殖する勢いだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top