中国のミサイル開発をインドがモンゴルから監視

執筆者: 2007年10月号
タグ: インド 中国

 中印関係改善の動きとは裏腹に、インドは相変わらず中国への警戒を怠っていないようだ。 インド情報機関筋によれば、インド政府はモンゴル領内での電子偵察・傍受拠点の拡大と能力向上を計画している。傍受拠点は二〇〇四年にインド、モンゴル両政府の取り決めにより設置されたもので、インド側は今回、地上設備の更新のみならず宇宙衛星プロジェクトとの連携を想定しており、さらにはモンゴル領内に早期警戒レーダーシステムの設置を希望しているという。一連の措置で、インドは中国のミサイル開発状況を探ることが可能になる。 また、モンゴルの傍受システムを通じ、モンゴルの南側に位置する中国甘粛省などの宇宙分野の重要施設がある地域の動静を掌握できるようにもなるという。インドとモンゴルの秘密交渉は近く開始される見込みで、話がまとまればインド軍はモンゴルに長期的な足場を築くことになる。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top