「倒産情報」会社を危機に追い込んだ「落合伸治」

執筆者:清水常貴 2008年6月号
タグ: 日銀

「倒産リスク情報」を売るオックスホールディングスが上場廃止のピンチに。リスクを背負わせた元社長は、あの日本振興銀行創業者だった。「元社長の“食い逃げ”ではなかったか」という非難の声も上がっている。日本振興銀行創業者で、企業の財務内容を分析して倒産リスクを予測する「倒産情報」で知られるオックスホールディングスの元社長、落合伸治氏(四〇)に対してだ。 食い逃げだと不満を漏らしているのは、オックスホールディングス(大証ヘラクレス上場)の元役員や現役員、社員たちだ。同社は大阪証券取引所によって三月二十八日に上場廃止の可能性もある監理ポストに移されてしまったからである。

カテゴリ: 経済・ビジネス 金融
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top