EUが義務づける「ひとりでに消えるタバコ」

執筆者:シルヴィオ・ピエールサンティ 2008年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

[ローマ発]欧州連合(EU)は、二〇一一年までに、域内で販売されるタバコをすべて「自動消火」型に切り替える方針を固めた。これにより、欧州では少なくとも年間二千人の人命が助かると期待されている。 EUが公表した最近の調査結果によれば、現EU加盟国二十七カ国のうち十二カ国に非加盟のアイスランドとノルウェーを加えた国々では、二〇〇五―〇七年にかけて寝タバコによる火災が年間一万一千件も発生し、犠牲者の数は死者五百二十名、重傷者千六百名に上った。現在調査中の残り十五カ国でも、これを上回る数字が出ると見られている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top