「節目の年」を迎えた中国の不気味なマグマ

執筆者:藤田洋毅 2009年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

中国にとって、今年は昨年に劣らず重要な年。建国60周年という慶祝の年であると同時に、チベット動乱から50年、そして天安門事件から20年を迎えるのだ。農民を始め、民衆の不満のマグマは溜まりに溜まり、熱くたぎっている。世界を覆う経済危機の中、よもやマグマの噴出口が開くことは――。《アルカイダが最高幹部会議を開き、中国へのテロ攻撃を決定した。 北京に乗り込んだ一人目のテロリストは、レンタカーを運転し空港から市内に向かった。だが、第二環状路から市中心部に移る高架ロータリーは、狭い上に迷路のように枝分かれしている。コース変更しようにも、疾走し横から割り込んでくる車が怖くてできない。ロータリーをぐるぐる回るばかりで、とうとう高架から下りられなかった。二人目はバスでの自爆テロを計画したが、われ先に殺到する乗客の波に押し戻されバスに乗車すらできない。三人目はスーパーに爆弾を仕掛けたが、退散の途中に店内でリモコンの起爆装置をスリ盗られてしまった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top