パキスタンを苛立たせたインドの「道路戦略」

執筆者: 2009年3月号
タグ: インド

 アフガニスタン国内でインドが建設していた戦略道路「ザランジ―デララム・ハイウェー」が完成。一月二十二日、インドのムカジー外相がアフガニスタンを訪問し、カルザイ大統領に正式に引き渡した。 アフガニスタン南西部のデララムとイランとの国境に近いザランジを結ぶ二百十八キロのハイウェーは、ザランジからオマーン湾岸のチャーバハールへと続くイラン国内の道路(建設中)につながる。全線が開通すれば、内陸国アフガニスタンは、パキスタンを経由しない海への通路を手に入れる。インドにとっても、対立する隣国パキスタンを迂回して中央アジアへの陸路が開かれるメリットがある。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top