腐敗大統領カルザイはなぜ「再選確実」なのか

執筆者:ジーン・マッケンジー 2009年7月号
カテゴリ: 国際

「元首としての能力」は、オバマ米大統領に公然と批判されるほど低いカルザイ。だが、代わり得る人物が見つからない……。[カブール発]八月二十日に予定される大統領選挙で誰に投票するかを街で尋ねたら、アフガニスタンの人は口々にありとあらゆる名前を挙げるだろう。でも、おそらくこの名前は挙がらない。ハミド・カルザイ――再選を目指す現職大統領だ。 しかし、誰が選ばれると思うかと問えば、その答はきれいに一致する。ハミド・カルザイ(五一)だ。 他に選択肢がないわけではない。カルザイの対立候補としては、アシュラフ・ガーニ・アハマドザイ元財務相(五九)、アブドゥラ・アブドゥラ前外相(四八)、ラマザン・バシャルドスト元計画相(四三)を含め、四十三人が登録を済ませている。なかには、自称「天才」や「王子」、元タリバンのロケット発射手・通称「ロケッティ」の他、女性候補二人も含まれている。実に多彩な顔ぶれなのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top