新型インフルエンザ「第二波」に備えよ

執筆者:堀口晴正 2009年7月号
エリア: 日本

ついにパンデミックが宣言された。南半球で感染が爆発的に広がる中、日本には「終息」の雰囲気が漂い始めている。だが、楽観は禁物だ。「マーガレットは悩んでいた。感染の広がりからいえば、五月下旬にはパンデミック(世界的大流行)に相当する状態になっていたが、それを宣言できずにいたからだ」 WHO(世界保健機関)の関係者はそう打ち明ける。マーガレット・チャン事務局長が、新型インフルエンザ(H1N1型)の警戒レベルを最も高い「フェーズ6」に引き上げ「パンデミック」期に入ったと宣言したのは、六月十一日になってからだった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top