中国が欲しがる日本の「流通ノウハウ」

執筆者:五味康平 2009年8月号
タグ: 中国 日本
エリア: 中国・台湾

製造業の発展で「世界の工場」となった中国だが、販売に関してはまだ前近代的。高度化した日本の流通業には可能性がある。 中国の家電量販大手、蘇寧電器が日本の中堅家電量販店ラオックスを買収した。蘇寧電器といわれても日本人にはほとんどなじみがないが、中国国内に八百五十以上の店舗を展開し、売上高が一兆四千億円を超える中国有数の巨大流通業。中国の家電市場の急成長を考えれば、今後、世界最大の家電量販店になる可能性もある。それほどの大企業がなぜ売上高が四百六億円(二〇〇九年三月期連結決算)程度の中堅量販店で、しかも経営の行き詰まったラオックスを傘下に収めるのか。そこに中国の流通ビジネスが抱える問題が潜んでいる。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top