活況のインフラ投資で投資元選別の動き 日系金融機関の明暗は

執筆者: 2009年8月号

 日本同様、会計年度が四月に始まるインドだが、今年は五月に総選挙があったため、本予算案の発表は七月六日にズレ込んだ。その選挙で大勝したマンモハン・シン政権が打ち出した予算の目玉のひとつが、インフラ(社会資本)整備の拡充だ。 インドのインフラは、住宅・水道・通信から道路・鉄道・電力まで課題が山積。シン首相は、昨年末から三度繰り出した景気刺激策でも、その整備を柱に据えてきた。ただ、国内の税収にも海外からの対インド投資にも、かつての勢いはない。そのため、今回の予算案には財政赤字削減の棚上げと公共投資の上積みが盛り込まれた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top