世界の小麦を脅かすUg99の不気味な浸透

執筆者:デール・ヒルデブラント 2009年9月号
エリア: アフリカ

国連食糧農業機関も警告を発する小麦の病害がイランで確認された。アジアに感染が拡大する恐れはあるのか――。[ノースダコタ州バレーシティ発]感染力の強い新たな小麦の病害、黒サビ病「Ug99」が見つかってからというもの、感染が広がれば世界の小麦の収穫は八〇%も減少し、大変な事態が起きるといった不安が世界を駆けめぐった。 実際、国連食糧農業機関(FAO)も昨年、適切な措置が取られなければ、Ug99によって、世界の年間小麦生産総量六億四千万トンの一割近くに相当する六千万トンが失われかねないと警告を発した。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top