米軍三万人増派でもタリバンの勢いは止まらない

執筆者:ジーン・マッケンジー 2010年1月号
カテゴリ: 国際

「テロとの戦い」の名の下に軍閥と結ぼうとしているアメリカ。だが、それは逆にアフガニスタンの一般市民をタリバンに向かわせることになる恐れがある。「過去の過ちは繰り返さない」と言うオバマ政権に「出口」はあるか。[カブール発]バラク・オバマ米大統領がようやくアフガニスタン戦略を公表したことで、政治家と評論家は賛否両論と今後の見通しを述べ立てるのに忙しい。だが、議論の大半は米国内向けだ。アフガン戦争への米国民の支持がかつてないほど低くなるなか、政治家は単に世論を味方につけて自らの立場を良くしようとしているに過ぎない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top