規模拡大に邁進するEMSの雄・鴻海

執筆者: 2010年1月号
タグ: 台湾 中国
エリア: 中国・台湾

 電子機器受託製造(EMS)世界最大手の台湾企業、鴻海グループが二〇〇九年十一月中旬、台湾の液晶パネル大手、奇美電子の買収を発表した。同社は台湾の二大パネルメーカーの一角で、日本企業にも液晶パネルを供給している。鴻海はこれに先立つ十月、パソコン(PC)などの受託製造を手掛ける金仁宝グループ傘下のパネルメーカー、統宝光電の買収も発表。矢継ぎ早の買収劇からはさらなる規模拡大を図る鴻海の野望が透けて見える。 鴻海が米アップルの「iPod」をはじめ、任天堂の「Wii」やソニーの「プレイステーション」シリーズといった名だたるヒット商品を受託生産していることは、知る人ぞ知る事実。米ヒューレット・パッカード(HP)やデルも主要顧客で、鴻海なくして世界のデジタル家電産業は立ち行かないと言っても過言ではない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top