ポスト鳩山を狙う“ラグビーボール”原口総務相

執筆者:野々山英一 2010年2月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 鳩山政権の急降下が止まらない。昨年末には内閣支持率が大幅ダウン。年が明けると内閣の屋台骨を支えてきた財務相の藤井裕久氏が辞任。鳩山由紀夫首相の求心力は著しく低下しており、民主党内からは「七月の参院選を鳩山氏で戦うと思っているのは、今や少数派」という声さえ聞こえる。 そんな中、鳩山辞任を前提に「ポスト鳩山」の議論が公然と始まっている。菅直人副総理兼財務相、岡田克也外相らを押しのけて本命視され始めたのが原口一博総務相(五〇)だ。 その理由は、煎じ詰めれば一点に尽きる。全権を掌握する小沢一郎・民主党幹事長が推すとみられているからだ。小沢氏は今、三人の議員をかわいがっている。松本剛明衆院議運委員長、細野豪志副幹事長、そして原口氏だ。松本氏には組織運営の要諦を伝授し、自分のようなタイプの政治家に育てようとしている。細野氏は、五年後の首相候補。で、原口氏は、ズバリ「ポスト鳩山」候補なのだ。昨年九月の組閣で、原口氏が主要閣僚の総務相に抜擢され、党が「一丁目一番地」と位置づける地域主権担当になったのも小沢氏の意向が働いていたという。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top