独自性が薄れる専門学校の「官頼み」

執筆者:相沢清太郎 2010年3月号
エリア: アジア

 私大入試が佳境に入る二月中旬から、新聞やテレビでは専門学校の広告が目に見えて増えてくる。多くの専門学校は四月の入学式直前まで生徒募集を続ける。大学と違って偏差値によるランク付けとはほぼ無縁のため、知名度が生徒募集に大きく影響するのだ。 専門学校は「専門課程」を持つ専修学校である。専修学校の生徒数は二〇〇九年度で六十二万人だが、過去最多だった一九九二年度と比べれば三割近く減った。もっとも、十八歳人口はこの間、二百五万人から四割強も減少したので、少子化の中で健闘していることになる。全在校生の四五%を占めるのは医療・衛生関係。残りの過半は経理やパソコン、被服といった実務系だ。

カテゴリ: 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top