米国には動きが捕捉される日本の情報収集衛星

執筆者: 2000年1月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 北米 日本

 政府が二〇〇二年末までに打ち上げる情報収集衛星をめぐって思わぬ不安が浮上。衛星の隠密行動がすべて米国に捕捉されるというのだ。 情報収集衛星は北朝鮮のテポドン発射をきっかけに導入が決まり、来年度予算に開発費や地上施設建設費など五百億円強が計上されている。名前は「情報収集」だが、実態は偵察衛星。分解能は一メートルで、米国の偵察衛星「KH11」の十五センチには遠く及ばず、しかも米国の商業衛星「イコノス」と同程度。それでも自前の衛星が必要な理由を自衛隊幹部は「画像を要求すればどんな情報を求めているか知られてしまう。しかも米国の衛星画像は米政府の意向で販売を差し止められることがあるから」と説明する。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top