多様化、分裂するアジア系アメリカ人

執筆者:浅井信雄 2000年4月号
エリア: 北米

「ユダヤ系からアジア系へ、一九九〇年代に、アメリカを支える主役が交替した」と語るのは、『産業社会の構造』などの著者、米国ジョージ・メイスン大学のセイモア・リプセット教授である。率直な表現ながら、時代の流れを的確に表現している。 生命科学で急成長中のインテグラ社(ニュージャージー州)では最近、中国系とインド系の社員が増加し、シリコン・バレー(カリフォルニア州)ではインド系がソフト開発で大活躍している。インド系の一部が母国インドに戻り、南部バンガロールの高度のハイテク基地形成の機関車役となっている。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top