森善朗新首相は“第二の宇野”となるのか

執筆者: 2000年4月号
カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
エリア: アジア

「森喜朗首相は宇野宗佑元首相(故人)の二の舞いになりかねない」。森政権発足直後の自民党中堅幹部の感想だ。森内閣も宇野政権のように小渕派(竹下派)の遠隔操作のうえ、スキャンダルにまみれ、最終的には選挙に敗北した責任を問われて短命で終わるのでは、というわけだ。 自民党内には、森氏のスキャンダル体質を懸念する向きもある。八八年のリクルート事件、九二年の東京佐川急便献金問題では、実名入りで関与が取り沙汰された。また、子息の薬物使用疑惑も週刊誌などで取り上げられている。もし本当だとすれば、かつて保守党の中西啓介幹事長代理が子息の薬物事件で議員を辞職した例もあり、教育改革を内閣の重要課題に掲げただけに命取りになりかねない。

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top