疑問だらけのロー・スクール構想

執筆者:矢吹信 2000年5月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 予想された通り、司法改革の迷走が始まった。 四月二十五日に開かれた政府の司法制度改革審議会(会長・佐藤幸治京大教授、略称「司改審」)は、予定時間を大幅に上回る五時間もの長丁場となった。文部省など関係機関に示す文書の一節を巡って、「守旧派」委員の本音が表面化、それに経済界出身の委員などがかみつき、議論が紛糾したからである。会議の途中、日本弁護士連合会元会長の中坊公平委員すら、「迷走」と口走るほどだった。 二十一世紀の日本を支える司法インフラの整備を目指し、昨年七月に発足した司改審。十月の中間報告のとりまとめを間近に控え、分水嶺に来た。「未来」を作る改革か、現状維持か――。中坊氏の危惧が当たっているとすれば未来は暗い。

カテゴリ: 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top