「テロ支援国家」進出へ走る米メジャー

ブッシュ政権誕生で高まるイラン、イラク、リビアへの投資気運[ロンドン発]「アメリカはいつイラン、イラク、リビアで動くのか」――。世界の石油業界関係者が一月下旬に発足した米ジョージ・ブッシュ共和党政権のエネルギー政策を、固唾を飲んで見守っている。元オイルマンであるブッシュ新大統領と米メジャー(国際石油資本)の親密さは誰もが知るところ。クリントン政権が、かつて「テロ支援国家」、現在では「問題国家」と名指しするイラン、イラク、リビアと欧州メジャーや中ロ石油企業の急接近を、指をくわえて見守ってきた米メジャーは、“解禁前夜”の緊張感に包まれている。八年ぶりの米政権交代とともに、エネルギーの世界地図もまた、大きく変化しそうだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top