ポストゲノムで巻き返す日本

執筆者:正木利 2001年2月号
エリア: 日本

新薬開発の鍵を握るのはたんぱく質の基本構造解析 二十一世紀を目前にした二〇〇〇年最大の科学ニュースは、日米欧を中心とした国際共同プロジェクトがヒトの全遺伝情報(ゲノム)解読に成功したことだった。解読された情報によりがんに代表される病気の発生メカニズムの解明や効果的な新薬開発の進展が期待され、将来的な市場規模は十兆円と推計されている。各国の企業や研究機関がこの宝の山をわが物にしようと乗りだし、この分野で世界をリードする存在である米バイオ企業セレーラ・ジェノミクス社との間で解読競争が激化。さらに、特許化をめぐっての論争も起きた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top