参院選まではだんまり 自民党守旧派の苦渋

執筆者: 2001年6月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 野中広務元幹事長、青木幹雄参院幹事長ら、森喜朗政権を支えた守旧派の面々は、参院選までだんまりを決め込んだようだ。総裁選で貧乏クジを引いた亀井静香前政調会長には、地方遊説や事務所で陳情を聞くほか、目立った動きはない。青木氏は、橋本派が田中眞紀子外相降ろしをやっているとの批判を「平成研(橋本派)が小泉政権と対立しているように受け取るからおかしくなる。勝った人に負けた者が全面協力するのは当然」とかわす程度。野中氏も「鈴木宗男と松岡利勝の暴れん坊を操る野中と書くなよ」と報道陣に釘を刺すぐらいのものだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top