知的格闘の二日間

執筆者:梅田望夫 2001年8月号
タグ: 中国 香港 インド

 八月一日(水)。午前四時半起床。勉強。午前九時より、パロアルト市のパシフィカ・ファンド事務所で、パートナー会議。岡本行夫さんの訪米スケジュールに合わせて、私たちは八週間に一回、集中的な議論を二日間にわたって行なう。今日はその一日目。 最初の議題は、昨年八月に投資したベンチャーの次期資金調達ラウンドに参加して追加投資を行なうか否かについて。パートナーのティムより、そのベンチャーの事業の進捗、次期資金調達ラウンドへの参加条件ごとの分析について、詳細なスプレッドシートを使っての説明がある。約一時間の議論の末、二十五万ドルまでの追加投資枠を設定。続いて、パートナーのヒマンシューより、現時点で投資先最終候補リストに残っているベンチャー六社の概要説明。岡本さんより、中国・珠江デルタ地域勃興の現実や、中国経済の将来についてのブリーフィング。

カテゴリ: IT・メディア
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
梅田望夫 1960年東京都生れ。94年渡米、97年コンサルティング会社ミューズ・アソシエイツを起業。著書に『ウェブ進化論』(ちくま新書)、『ウェブ時代をゆく』(同)、『ウェブ時代 5つの定理』(文藝春秋)、『ウェブ人間論』(共著、新潮新書)など。メジャーリーグの野球、そして将棋の熱烈なファン。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top