情報公開 北海道ニセコ町の静かなる革命

執筆者:水木楊 2001年9月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 摂氏三十五度を越す炎天下の京都。その日、立命館大学衣笠キャンパス「以学館」に五百名を越す男女が続々と集まってきた。男性はノータイ、女性はジーンズ姿などのカジュアルな恰好で、下は二十代から上は六、七十代までの多様な集まりである。 第八回全国市民オンブズマン京都大会。毎年一回開かれる会議だが、この日は特別の意味があった。今年四月、情報公開法が施行されて初めての会議だったのだ。霞が関の中央官庁は情報公開請求に備えて一斉に窓口を設置。「民は知らしむべからず」ではないが、これまでファイリングボックスの奥深くしまい込んできた情報を、原則的にはオープンにする体制を一応整えた。

カテゴリ: 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top