“英雄”コリン・パウエルの復活

執筆者:名越健郎 2001年10月号
エリア: 北米

「テロリストよりパウエルに勝つことを狙っている」といわれる共和党保守派との熾烈な攻防の末、国務長官はいま、圧倒的存在感を示しつつある――。 保守派優勢のブッシュ米政権で孤立していた穏健派のパウエル国務長官が、同時テロ事件を機に“復活”を果たした。国際的な「反テロ連合」の結成はパウエルの手腕であり、ブッシュ外交は事実上、保守派が主導してきたユニラテラリズム(単独行動主義)を放棄、国際協調主義に移行しつつある。テロ対策が成果を挙げれば、ブッシュ政権は保守主義から「中道保守」に路線転換し、「ブッシュ・パウエル政権」の様相を強めるかもしれない。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top