橋本大二郎「十年目の苦悩」

執筆者:山岡隆彦 2001年12月号
タグ: 韓国 日本
エリア: アジア

「改革派」のさきがけとして新たな地方自治の姿を示し続けてきた橋本高知県知事。しかし、赫々たる成果の陰で腐敗根絶はならなかった。橋本県政の十年を検証する。 一九九一年十二月、縁もゆかりもない高知県の知事選に出馬した橋本大二郎は自民党公認候補の副知事に圧勝した。ちょうど十年前の出来事である。旧来の官僚政治打破を訴えての当選。NHKのキャスターからの転身で爽やかな風貌と弁舌、さらには後に首相にまで登りつめる橋本龍太郎の弟という毛並みのよさが注目度を実体以上に持ち上げたことは言うまでもない。マスコミは連日、橋本の言動を伝えた。

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top