早くも囁かれるラバニ派の陰謀

執筆者: 2002年2月号
カテゴリ:
エリア: アジア

 三月下旬に帰国が予定されるアフガニスタンの、ザヒル・シャー元国王に対し、暗殺の陰謀が企てられているとの情報がある。 カブールの英国情報筋によると、元国王暗殺を狙っているのはアフガン暫定行政機構(内閣)内で主要ポストを占めている北部同盟のラバニ元大統領を支持するグループ。 昨年暮れ、暫定行政機構のカルザイ議長に権限を移譲したはずのラバニ氏は、依然としてカブールの大統領宮殿内に居住し、主導権確保を図っているが、東京でのアフガン復興支援会議で多額の援助取り付けに成功したカルザイ議長の影響力が増大していることに強く反発。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top