米株式市場に投げこまれる「配当課税撤廃」という劇薬

執筆者: 2003年3月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 北米

別名は「チャールズ・シュワブ減税」。「金持ち優遇」批判の他にも、株式・債券需給の構造変化、税の複雑化など、さまざまな副作用が指摘されている。果たしてブッシュ政権の狙い通り、株価下支えの効果を発揮するのかどうか……。[ニューヨーク発]ブッシュ米大統領が年初に打ち出した、株式配当金への課税を撤廃する案が米株式市場に波紋を広げている。最高で税率三〇%を超える配当課税がなくなれば、投資家にとっては実質的な増配となり、確かに株式投資の魅力拡大につながるのは間違いない。 しかし、ブッシュ政権が「株価を一〇%押し上げる効果がある」と市場の起爆剤として期待するこの施策は、いわば劇薬。思わぬ副作用が生じる可能性も小さくない。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top