【インタビュー】イ・ジョンヒャン(映画監督) すべてのおばあちゃんへ

執筆者:草生亜紀子 2003年3月号

 わがままをいっても悪戯しても、邪険にしても、叱ることなく、「何が食べたい?」と気遣ってくれる――「あ、そういえば、おばあちゃんの愛情ってそうだったな」とふいに胸を衝かれる映画が、三月下旬から東京で公開される韓国映画「おばあちゃんの家」(原題「家へ…」)だ。 気鋭の女性監督イ・ジョンヒャンさん(三八)は、すべてのおばあちゃんへの感謝と、おばあちゃんを大切にできなかったことへの反省の気持ちを込めてこの映画を作ったと語る。 ストーリーは、山奥に一人で暮らすおばあちゃんの家に預けられたソウル育ちの七歳の少年サンウが、当初、口がきけず読み書きもできない貧乏で無学なハルモニ(おばあちゃん)を馬鹿にしつつも、やがてその深い無償の愛に目覚めるというもの。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top