「資産劣化」が進む日本のバランスシート

執筆者:岡崎一浩 2003年7月号
タグ: 日本

右肩上がりの経済なら「損」は時間が解決してくれる。だが、病んで久しい日本には「損」を抉り出すしか術はない。 りそな銀行への公的資金注入は、なぜ日本企業にとってショッキングなのか。国民の血税がまた浪費される? 確かにそれは重要な論点だ。だが本当の論点は、いま注ぎ込まれる資金にあるのではない。これまでりそなの財務を底上げしてきた繰り延べ税金資産に象徴される、日本企業のバランスシートの不確かさが問題なのだ。そのいまだ見えていない巨大な穴に、これから飲み込まれるであろう巨額の資金が、日本経済の未来を揺さぶっている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top