世界情報サミット 米国のネット支配に挑む中国

執筆者:楠佳史 2004年2月号
カテゴリ: IT・メディア 国際
エリア: 中国・台湾 北米

[ジュネーブ発]インターネットは米国の軍事技術が産みの親だ。が、誰でもホームページを自由自在に渉猟できる画期的な「ワールド・ワイド・ウェブ(www)」が開発されたのはスイスのジュネーブ郊外。CERN(欧州合同原子核研究機関)が主役だった事実は意外に知られていない。 そのジュネーブが昨年末、ネットの歴史を再び転回させた。デジタル社会の未来を展望した国連主催の「世界情報社会サミット」で、「インターネット・ガバナンス」を国際政治のアジェンダに押し出したからだ。言い換えれば「ネットは誰のものか」という覇権争いの号砲である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top