QDII導入を待ち望む香港市場

執筆者: 2004年2月号
エリア: 中国・台湾

 好調が目立った昨年のアジア株式市場の中でも、最もパフォーマンスが良かったのは香港株式市場に上場する中国本土企業株(H株)だ。H株の株価指数は昨年一年間で二・五倍に急騰した。同じ中国株でも上海上場のA株指数は十一月に四年半ぶりの安値を更新、明暗が際立つ。 H株上昇の要因の一つは、「国内投資家の海外株式への投資が解禁される」という思惑が強まったことにある。特に、ここ数年、資本市場改革のメニューとして浮かんでは消えてきたQDII(適格国内機関投資家制度)の導入が、今度こそ実現するとの期待が膨らんだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top