マイクロソフト制裁で見えてきたEU独禁当局の自己主張

執筆者: 2004年5月号
エリア: ヨーロッパ

 欧州連合(EU)の欧州委員会は三月末、米マイクロソフトに対し欧州競争法(独占禁止法)違反と認定、制裁金としては過去最高の四億九千七百二十万ユーロ(約六百五十億円)を科すことを決めた。音楽や映像の再生ソフトをパソコンの基本ソフト(OS)であるウィンドウズに標準搭載する「抱き合わせ販売」が競争法違反とされた。マイクロソフトのバルマーCEO(最高経営責任者)が欧州委と交渉を続けたが、結局、音楽・映像再生ソフトの問題にとどまらず、OSと応用ソフトを抱き合わせて売り込むマイクロソフトのビジネスモデル自体が問題視され、制裁が確定した。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top