逆張りの思考
逆張りの思考

声というフィルター

執筆者:成毛眞 2016年9月8日
エリア: アジア

 残念ながら解散報道が流れた男性グループSMAPのリーダーは、中居正広である。なぜ、彼が長く国民的アイドルのリーダーを務めることができたのか。人に尋ねれば、リーダーシップがあるからとか、最も年上だからとか、様々な答えが返ってくるだろう。
 ところで20年近く前、NHKのドキュメンタリー番組で松任谷由実がモンゴルを旅する様子を放送していた。ただの旅行番組ではなく、ホーミーという、モンゴルなどに伝わる喉歌の歌い手と交流するものだ。番組では、そのホーミーとユーミンの歌声との間に共通点があることを突き止めていた。声の倍音分布がほぼ同じだったのだ。
 声に限らずどんな音も、基音と呼ばれる、その中心となる周波数の音とそれ以外の周波数の音との重ね合わせでできている。「それ以外」の周波数が、基音の周波数の整数倍であるとき、その音を倍音という。そして、「それ以外」の周波数に占める倍音の比率が高いとき、その声はいい声に聞こえる。かの番組では、ホーミーとユーミンの歌声はどちらも同じくらい、倍音の比率が高いと結論づけていた。聞いて心地よいのは、それが理由だったのだ。
 こういった知識に基づいて、倍音を際立たせるように声を作り込む歌手は少なくない。一方で、倍音を追い求めるのではなく、喉を潰す歌手もいる。いい声というよりも、個性的な声を手に入れるためだ。アイドルとしてデビューするはずだった森進一があえて声を潰し、演歌を選んだのは有名なエピソードだ。アイドルとしての才能があったかどうかはわからないが、演歌歌手としては十分に成功したことを考えると、彼にとって声を潰すという選択は理にかなっていた。
 どんなに歌が上手くても、没個性的な声では人の記憶に残らず、したがって、売れない。初めて聞く曲でも「あ、あの人が歌っている」とわかるのは、その声が代名詞となっているからにほかならない。そこまでの個性がない歌手は、48人集めるなどして数で勝負するしかないと思う。最近のアイドル戦略は実に正しいと言える。
 歌手だけの話ではない。柳家小三治や立川志の輔の人気の何割かはあの声に支えられているに違いない。俳優とて同じこと。こちらが画面を見ていなくても、また、画面に映っていなくても、聞いただけで瞬時にそれとわかる声の持ち主は人を引きつける力を持っている。菅野美穂などはその最たる例で、ウィスキーのCMに彼女を抜擢したプランナーはさすがとしか言いようがない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年、マイクロソフト株式会社に入社。1991年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。2011年、書評サイト「HONZ」を開設。元早稲田大学ビジネススクール客員教授。著書に『面白い本』(岩波新書)、『ビジネスマンへの歌舞伎案内』(NHK出版)、『これが「買い」だ 私のキュレーション術』(新潮社)、『amazon 世界最先端の戦略がわかる』(ダイヤモンド社)、『金のなる人 お金をどんどん働かせ資産を増やす生き方』(ポプラ社)など多数。(写真©岡倉禎志)。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top