バンドゥーラの音色にのせて(1)生後1カ月の「チェルノブイリ」

2016年5月、千葉県柏市でのコンサートでバンドゥーラを奏でるカテリーナさん(筆者提供、以下同)

 

 物悲しい弦の響きと透明感のある美しい歌声が、優しく空間を包み込む――。

 ウクライナ出身のカテリーナ・グジーさん(31)は、日本で2人しかいない「バンドゥーラ」奏者だ。バンドゥーラとは、60本前後の弦を爪で弾いて演奏するウクライナの民族楽器。この楽器には「ウクライナのすべてが詰まっている」という彼女は、日本に移住し、活動を始めてすでに10年以上経つ。

 旧ソ連時代のチェルノブイリ近くで生まれた彼女は、1986年、生後1カ月で原発事故に遭遇し、一家はキエフに避難。幼少時からピアノを習い、後にバンドゥーラを始め、音楽学校で演奏家を目指す。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
カテリーナ・グジー バンドゥーラ奏者。1986年、ウクライナ・プリピャーチ生れ。幼少期より故郷ウクライナの民族楽器であるバンドゥーラに触れ、民族音楽団「チェルボナカリーナ」で活動する中で、10歳の時に日本公演のため初来日。16歳からウクライナ・レフゥツキー音楽専門学校で声楽、バンドゥーラの演奏技術、音楽理論を本格的に学んだ後、2008年、音楽活動の拠点を東京に移す。現在は日本で活動する数少ないバンドゥリストの一人として、国内ツアーの開催やライブハウスでのパフォーマンスなど精力的な活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top