ヨーロピアン・ラプソディ
ヨーロピアン・ラプソディ(11)

独立か否か「州議会選挙」で岐路に立つスペイン「カタルーニャ」

執筆者:大野ゆり子 2017年12月20日
エリア: ヨーロッパ
独立を食い止める「鍵」となっている市民党アリマダス候補。カタルーニャ、スペイン、EUの旗を1つのハートにして支持を訴える (筆者撮影、以下同)

 

 12月21日に投開票されるスペイン・カタルーニャ州議会選挙を前に、カタルーニャでは誰もが内心落ち着かない日々を送っている。10月のような独立派のスペイン政府に対する抗議行動は少なくなり、街は表向き、日常を取り戻したかのように見える。しかし、問題が沈静化したわけではない。独立をめぐる姿勢の違いは、かえって深部に入り込み、刺さって抜けない棘のように、カタルーニャ社会に痛みを与えている。10月からの一連の動き――違憲住民投票、一方的独立宣言、中央政府による自治権停止――は、スペイン政府とカタルーニャ州政府という、本来政治レベルで行われるべき対話がないまま、家庭、職場、友人同士という、一般市民の間で激しく是非が議論されることになった。その結果、「独立」への考え方の違いがもとで友人、同僚と疎遠になったり、夫婦の中には離婚にいたったりするケースもあると聞いた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top