対中東政策が日本外交の「6本目」の柱に

執筆者:池内恵 2018年1月22日
エリア: 中東 日本

 1月22日に召集された第196回国会の初日、河野太郎外相が衆参両院に向けた外交演説を行った。【演説テキスト】【演説の映像

「6本目」の柱に対中東外交が

 演説は冒頭で、第2次世界大戦後のリベラル国際秩序が揺らぐ中、この国際秩序に裨益(ひえき)してきた日本が支えていくと宣言し、続いて北朝鮮に対する圧力強化を訴えるなど、安倍政権の基本姿勢を踏襲しているが、「河野色」が鮮明に出た部分がある。

(なお余談だが、リベラル国際秩序を支える主要な勢力としての安倍政権の役割は、リベラル国際主義の理論家ジョン・アイケンベリー・プリンストン大学教授によって『フォーリン・アフェアーズ』誌上で高く評価されているほどであり、国際的には安倍政権は外交的な「リベラル派」「国際主義」の残された数少ない孤塁として認識されている。G. John Ikenberry, "The Plot Against American Foreign Policy: Can the Liberal Order Survive?" Foreign Affairs, May/June 2017

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top