池内恵さんが新著(電子版)を刊行!

執筆者:フォーサイト編集部 2018年3月21日
カテゴリ:
 

池内恵の中東通信」や注目連載「中東―危機の震源を読む」、さらに「中東の部屋」などでお馴染みの池内恵さんが、このほど新著『「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】』(Kindle版、文藝春秋)を刊行されました。

本書はタイトルにもある通り、『文藝春秋オピニオン 2018年の論点』に収められていた一篇ですが、そこからピックアップして再編集し、電子書籍限定で刊行したものです。

2014年6月、イラクとシリアで「イスラーム国」が広範囲の領域支配を行って以来、「イスラーム国」対策が中東をめぐる国際政治の焦点となってきた。掃討作戦の結果、2018年までに「イスラーム国」の支配していた地域は、ほぼ解放された。しかし、それによって中東に平和が訪れると予想する専門家は皆無だ。果たして「イスラーム国」後の中東はどうなるのか――。(作品紹介より)

ぜひご購読ください。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top