ミケランジェロ:謎を持つ「未完の大作」と復活を遂げた「最新作」

ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ=アポロ》 1530年頃 フィレンツェ、バルジェッロ国立美術館蔵 高さ147cm 大理石  Firenze, Museo Nazionale del Bargello / On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities

 

 イタリア・フィレンツェの《ダヴィデ》、サン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、システィーナ礼拝堂の《天地創造》《最後の審判》、《サン・ピエトロ大聖堂クーポラ》《カンピドーリオ広場》など、彫刻、絵画、建築の各分野で誰もが知る大作を後世に残したルネサンスの巨匠ミケランジェロ・ブオナローティ(1475~1564年)。

 彼はどの分野でもその才能をあますことなく発揮させ、存命中からすでに神格化されていたほどだったという。

パッシニャーノ《ミケランジェロの肖像》17世紀初頭 個人蔵 120.5×95.5cm 油彩、カンヴァス

 実際、弟子であるジョルジョ・ヴァザーリ(1511~74年)は、自身が執筆した『美術家列伝』(初版は1550年)のなかで、「過去の者も当代の者も含め、あらゆる芸術家のなかで栄光を獲得し、他のすべてを凌駕し圧倒するのは、神のごときミケランジェロ・ブオナローティである」と述べている。加えて、「彼が君臨する領域は3つの芸術のうち1つだけではなく、これらすべてなのである」とミケランジェロの多才ぶりを称えるが、彼自身は「彫刻家」であることに誇りを持ち、絵画の仕事を受けたくないと、たびたび周囲にこぼしていた。

 だが、ミケランジェロ芸術の真髄とも言える大理石彫刻作品は、40点ほどしか現存していない。さらに、「浮彫」ではなく、全体像を彫り出す「丸彫り」の作品は三十数点のみ。だからこそ、「至宝」たるミケランジェロの彫刻が所蔵元を離れて海外に貸し出されることは、非常に難しいという。

 しかしこの度、国立西洋美術館で開催されている「ミケランジェロと理想の身体」展には、2点もの丸彫り作品が初来日した。それが、《ダヴィデ=アポロ》と《若き洗礼者ヨハネ》である。

聖書の英雄とギリシャの神

 「88歳で長寿をまっとうしたミケランジェロにとって、大理石彫刻作品が約40点というのは、未完も含めてのことですから、少なく感じますね。そのなかでもある程度の大きさを持った丸彫り作品ということを考えると、この展覧会では非常に貴重な2点を展示することができたと思います。また、ミケランジェロが20歳のころに彫った《若き洗礼者ヨハネ》は、等身大の立像としては第1作となる作品で、《ダヴィデ=アポロ》は50代につくられたもの。神童としての技がいかんなく発揮された前者と、円熟の極みを見せる後者。それぞれの異なる魅力を鑑賞できます」と解説するのは、展覧会監修者である国立西洋美術館の飯塚隆主任研究員。実はこの2点、約500年前の一時期、同じ所有者の下にあったと考えられている。それぞれ数奇な運命をたどり、現代の日本で“再会”を果たしたのだという。

 2つの作品が展示されている会場に入ると、まずは巨人ゴリアテを倒した聖書の英雄とギリシャの神の名を持つ《ダヴィデ=アポロ》が目に入る。未完作であるにもかからず、ヴァザーリに「たぐいまれなる」と評された彫像だ。

 「主題が2つあるのは、どちらなのか特定できていないからです。医術や弓術、音楽の神であったアポロであれば、背中にまわした左手は矢筒から矢を引き抜こうとしている姿ですが、ダヴィデもまた投石器でゴリアテと戦っているので、背中の塊が彫り込まれていない以上、どちらとも判別がつきません。また右脚を乗せている丸いふくらみはゴリアテの頭とも考えられます」

 1527年、神聖ローマ皇帝(兼スペイン王)カール5世の傭兵隊がローマを襲う「ローマ劫掠(ごうりゃく)」が起きると、その混乱に乗じてフィレンツェではメディチ家が追放され、共和制が樹立した。共和国軍に参加したミケランジェロは築塞総監督に就任し、戦時中に幾何学的で美しい要塞プランを考案している。しかし、それは彼にとって幼少期より恩義を受けたメディチ家を裏切ることも意味した。

 わずか3年後の1530年、フィレンツェ共和国は教皇と皇帝の連合軍に敗れ、再びメディチ家の支配下に置かれる。共和国政府の戦友たちが粛清されていくなか、ミケランジェロだけは刑を免れ、教皇軍総裁バッチョ・ヴァローリから彫刻の注文を受けていた。それがこの《ダヴィデ=アポロ》。教皇クレメンス7世との和解を取り持ってもらうため、ミケランジェロがヴァローリの気を引こうとしたとも言われるが、反対に共和国軍を裏切ることになった彼の心中は、どのようなものだったのだろうか。

 「《ダヴィデ=アポロ》は1532年、ヴァローリから手紙で催促されているので、この段階で完成していないということがわかっています。1534年には教皇に呼び出され、ミケランジェロはフィレンツェからローマに移住しているので、必然的に作業が進められなくなり、未完のままヴァローリの手に渡ったと思われます」

 フィレンツェ公コジモ1世の代になると、政治思想を変えたヴァローリは、反メディチとなって1537年に斬首された。弟子のヴァザーリはこの彫刻について、「バッチョ・ヴァローリのための大理石像で、アポロが矢筒より矢を取り出している」と述べているが、処刑後、コジモ1世に没収された財産目録では「ブオナローティの未完のダヴィデ」として、と記されている。ミケランジェロの心中とともに、この像の「主題」もまた今もって謎のままだ。

 が、未完とはいえ、否、未完だからこそ、「鑿(のみ)の跡による表面のざらつきが、人を惹きつける“不思議な陰影”を醸し出している」と飯塚研究員は言う。

 「基本形は片足に重心をかける古代ギリシャ彫刻の古典的なポーズ“コントラポスト”ですが、右膝を曲げ、左腕を高く掲げて体にひねりを加えることで体の線が螺旋状となり、観る角度によって“姿”が違って見えます。男性的でも女性的でもあり、たくましいと見える場所もあれば、割と線が細いと思うところも。穏やかな感じがすると思えば、躍動的だったり、純真な清らかさを湛えていたかと思うと、次にはなまめかしかったり。角度や観る人の心の有様によって、表情がまったく異なる。相反するようなものをこの彫像に託し、見事に調和させているのは、ミケランジェロの意図によるものだと思います。顔の表情、特に目元が最後まで仕上げられていないこともまた、この彫像を神秘的にしています。落ちついているのか、物思いに耽っているのか、陰鬱な表情を湛えているのか……。

 《ダヴィデ=アポロ》を観ると、私たちは自然とこの像に引き寄せられ、像に沿って1周したくなります。それは取りも直さず、私たちがこの像の重力に取り込まれているということ。良い彫刻作品というものは、鑑賞する人間も含めて、その場の空気までも支配するのです」

 まさしくこの彫刻は、ミケランジェロが50代半ばでたどり着いた美の境地といえるだろう。

皮肉で劇的な運命

 一方、《若き洗礼者ヨハネ》は、ミケランジェロ自身が校閲したアスカニオ・コンディーヴィの伝記で、メディチ家のロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコのために制作したとされている。が、孫のピエルフランチェスコ・ディ・ロレンツォがフィレンツェ公のアレッサンドロ・デ・メディチを暗殺したために、一族は国外に永久追放となって財産を没収され、この作品も《ダヴィデ=アポロ》同様、コジモ1世の下に渡ったと考えられている。だが、その後、消息が途絶えてしまう。

ミケランジェロ・ブオナローティ《若き洗礼者ヨハネ》1495~96年 ウベダ、エル・サルバドル聖堂、ハエン(スペイン)、エル・サルバドル聖堂財団法人蔵 
高さ130cm 大理石 
Úbeda, Capilla del Salvador; Jaén (Spain), Fundacion Sacra Capilla del Salvador © Ministero per I Beni e Le Attività Culturali e del Turismo, Opificio Delle Pietre Dure

 「文献に残る《若き洗礼者ヨハネ》がどの像のことを指すのか、研究者の間では長く議論になっていました。実は1950年代に、会場で隣に展示している同じ主題の《若き洗礼者ヨハネ》がミケランジェロのそれではないかと言われたことがあったのですが、ほどなくしてベネデット・ダ・ロヴェッツァーノの作であるという説が出され、現在まで支持されています。実は、ミケランジェロのヨハネがスペイン・ウベダにあるものだという説は、スペインの研究者によって1930年に提起され、誰も着目しなかったということがありました。そうこうするうちに、1936年にスペイン内乱が起こってこの像が破壊され、説は検証されぬまま放置されてしまいます。壊された彫像の断片がイタリアの研究所に届いたのは1994年。本格的な修復が始まったのは、内乱から70年以上経った2011年のこと。同時期に詳細な研究も並行して行われて、ミケランジェロの作品だという確証も高まったのです」

 歴史的な記録としては、コジモ1世が国際政治における外交戦略として、神聖ローマ帝国カール5世の側近であるフランシスコ・デ・ロス・コボス・イ・モリーナに1体の彫像を贈ったことがわかっているが、それが誰の、何の彫刻なのかは不明のままだ。

 「ミケランジェロの作品は当時から非常に貴重なものでしたから、彼の彫像を贈ることで政治的な効果をもたらしたと見てもおかしくはありません。コジモ1世は《ダヴィデ=アポロ》も所有していたと見られていますから、もしかしたらどちらを贈答品にしようか考えたかもしれませんね。ただ、1つは未完でしたし、受け手のフランシスコ・デ・ロス・コボスは自分が眠るための教会を建設していたときだったので、キリスト教主題のヨハネが適していたのでしょう。

 また、《若き洗礼者ヨハネ》は、ミケランジェロが手掛けた《バッカス》に見られる従者サテュロスのポーズに共通点があると言われ、さらに、システィーナ礼拝堂の天井画に描かれた少年サドクに、この彫像を引き写したかのような類似性が見られることから、現在ではこの説への反論がまったくありません。ミケランジェロは若いときに、古代のギリシャ彫刻を忠実に再現していますが、古典的なコントラポストを用いていることからも、彼の制作の流れに当てはまっています。さらに、幼さが残るヨハネを表しているにもかかわらず、彫像にはある種の力強さがあり、肉体の持つ生命感はこの像の特別な魅力になっています。それはまさしく“質”の高さの証明でもある。超一流の彫刻家がつくったことは周知のことで、ミケランジェロと想定してもおかしくないレベルの作品です。

 それにしても、フィレンツェで共和国側につき、要塞を設計して抵抗したミケランジェロの作品が、400年ほど後に共和国軍の聖像破壊行為に遭うのですから、幼子から少年になったばかりの純真な姿を表した像が持つ、皮肉で劇的な運命に感慨深いものを感じます。

 ミケランジェロの作品は文献に残るものの、所在不明となっているものも多く、研究によって“再発見”されてきました。《若き洗礼者ヨハネ》は現在確認されている作品では、最後に見つかったもの。ミケランジェロの初期作品でありながら、いわば、“最新作”とも言えるのです」

 修復された《若き洗礼者ヨハネ》は、2013年にイタリア、スペインで一定期間公開され、その後は一般公開されていない。日本でその姿を見ることができるのは奇跡に近いと言っても過言ではない。

美の模範となった作品

 本展覧会では、ミケランジェロ作品のほかにも、注目したい作品がある。それが《アメルングの運動選手》である。

 「ミケランジェロが古代ギリシャ彫刻に学んでいたことは話しましたが、その古代ギリシャ人がひたすら彫刻をつくり、研究を進めていくなかで、美の模範となった作品がありました。《アメルングの運動選手》がその“お手本”に非常に近く、紀元前5世紀に活躍した彫刻家ミュロンのオリジナルを古代ローマ人が精密に模刻したものです。いわゆるトルソーで、頭と両腕、両足のひざ下がないのですが、有機的な身体構造を持つことが特徴です。

 彫刻を極めようとしたギリシャ人は、まず写実的に人間の身体を写し取ろうとしました。しかし、それだけでは人形のようにしか見えない。活き活きと人間らしく見せるにはどうしたらいいのかと考え、重心をちょっとずらすことを思いついたのです。それが“コントラポスト”。片足重心にすることで、体の筋肉や骨が微妙に動き、途端に石の塊が人間の肉体に変化する。それは自分たちの知識なり経験なりで、機能している人間の身体だと観る側が認識するからです。作品自体がリアルなのではなく、鑑賞する人の頭の中にリアルさが存在するという、彫刻と観る側のコミュニケーションを生み出したのが、紀元前5世紀の古代ギリシャ人です。

 その後100年ほど経ってから、ギリシャ人は新たなテーマとして、身体の“ひねり”に取り組みます。このころには片足重心も過去の課題となり、徹底的にひねりだけにこだわった作品を作り始めます。けれども、ルネサンス人は長い歴史を持つギリシャの芸術を時系列で学んだわけではない。ミケランジェロはコントラポストもひねりも同時期に観て学び、それらすべてを直感で自身の作品に取り入れて調和させています。いわば、彼の作品には古代ギリシャのエッセンスがすべてつまっているのです」

 本展覧会では、そのほかにも《ダヴィデ=アポロ》にちなみ、ダヴィデやアポロをテーマとして取り上げた作品や、ミケランジェロが存命中に直接観たことがわかっている《ベルヴェデーレのトルソ》や《ベルヴェデーレのアポロン》、《ラオコーン》の版画や模刻、古代ギリシャ人が各時代に関心を持って取り組んだ幼児から青年までの彫刻など、直接間接的にミケランジェロが関わってきた作品の数々が展示されている。鑑賞すれば、世界を魅了するミケランジェロの彫刻を、そのルーツから辿ることができるだろう。

 

ミケランジェロと理想の身体

会期:9月24日(月・休)まで 

会場国立西洋美術館

休館日:月曜日 ※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館

開館時間:9:30~17:30 ※毎週金・土曜日は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top