篠田英朗さんが新著を刊行!

執筆者:フォーサイト編集部 2019年7月16日
タグ: 憲法改正

好評連載『「平和構築」最前線を考える』でお馴染みの篠田英朗さんが、このたび新著『憲法学の病』(新潮新書)を刊行されました。

 

日本は憲法で戦争を放棄した唯一の国だ――東大法学部を頂点とする従来の憲法学の解釈は、一貫してこうでした。しかしそれはあまりにもガラパゴス的ではあるまいか。平和構築を専門とする国際政治学者の篠田さんが、憲法制定時の文脈や国際法の常識をもとに徹底検証し、憲法を再解釈しています。

憲法改正問題に注目が集まる今、必読の1冊です!

ご購入はこちらから

篠田英朗『憲法学の病』(新潮新書)

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top