関裕二さんが新著を刊行

執筆者:フォーサイト編集部 2019年12月3日
カテゴリ:
 

大好評連載「国際人のための日本古代史」でお馴染みの歴史作家・関裕二さんが、新著を刊行されました。

『豊璋 藤原鎌足の正体』(河出書房新社)

鎌足は、中大兄皇子の最大の危機、白村江の戦いに際し、歴史から消える。来朝の百済王子・豊璋(ほうしょう)は、その頃百済に戻る。豊璋は百済滅亡後、日本に戻ったのか? 2人を重ねて古代史の謎を解く。(同社HPより)

『藤原氏の正体』(新潮文庫)でも掘り起こした一族の始祖、中臣鎌足の「真実の顔」に迫る迫真の労作、ぜひご購読ください。この1冊で古代史の真相に辿り着けます。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top