三井住友銀行の髙島頭取に交代観測|後任に旧三井銀出身の大島副頭取が浮上

PERSONALS【人事情報】

2021年11月24日
髙島頭取は全銀協会長も務めている ©︎時事
宮田孝一・銀行会長の急逝で、三井住友FGの首脳ポストに旧三井がついにゼロ。社長・会長のみが参加の「二木会」には、12月から大島副頭取が“異例中の異例”で出席するという。

 相次ぐシステム障害の結果、坂井辰史社長(62)の退任が一気に固まったみずほフィナンシャルグループ(FG)の動きにかき消されているが、3大銀行グループの一角、三井住友フィナンシャルグループでも首脳人事が風雲急を告げている。グループ中核銀行、三井住友銀行の髙島誠頭取(63)の交代観測が急浮上しているのである。

 発端となったのは、三井住友銀会長職にあった宮田孝一氏の急逝。本人が体調不良を訴えて入院してからわずか1 週間後の10月24日、息を引き取った。死因は膵臓癌。67歳だった。「1カ月前に会った時には、体調不良の兆しなどまったくなかった。訃報は何かの間違いかと思った」(三井系企業首脳)。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top