2022年フィリピン総選挙―「ポスト・ドゥテルテ」の経済・対中政策

執筆者:高木佑輔 2022年1月10日
カテゴリ: 政治
エリア: アジア
大統領選で優位に立つボンボン・マルコス元上院議員(C)EPA=時事
 
来年5月のフィリピン大統領選の構図が固まった。優位に立つのは、かつて独裁体制を敷いたマルコス元大統領の長男ボンボン・マルコス元上院議員だ。ドゥテルテ「対中接近」路線は引き継がれるのか?

 2022年5月、フィリピンで6年に一度の総選挙が実施される。大統領、副大統領、上院の半数にあたる12議席、下院の全議席に加え、知事、市長やそれぞれの地方議会の議員までが選ばれる。2021年10月には候補の届け出が締め切られ、11月には政党候補の差替えの期限を迎えた。

 前回2016年の大統領選挙では、直前まで出馬しないと公言していたダバオ市長(当時)のロドリゴ・ドゥテルテが前言を撤回、候補の差替えという奇策を使って出馬を決めたこともあり、今回も11月までは誰が最終的な候補者になるかをめぐって報道合戦が続いた。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
高木佑輔 政策研究大学院大学(GRIPS)准教授。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位修得退学。博士(法学)。フィリピン共和国デラサール大学助教授、在フィリピン日本大使館専門調査員等を経て現職。GRIPSでは東南アジアおよび新興国の政治に関する授業と論文指導を担当。主な著書にCentral Banking as State Building: Policymakers and Their Nationalism in the Philippines, 1933-1964. (National University of Singapore Press, Kyoto University Press, Ateneo de Manila University Press, 2016)などがある。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top