【THE WIDER IMAGE】地球で最も暑い都市で出産リスクにさらされる女性たち

2022年8月7日
タグ: 脱炭素
エリア: アジア
出産を間近に控えたソナリは熱波の中でマスクメロンの収穫作業を行う  (C)REUTERS
猛暑は妊娠中の女性にさまざまな健康被害をもたらすという。気候変動対策の盲点とも言える女性特有のリスクを、世界で最も暑い都市ジャコババードの女性たちが浮き彫りにする。灼熱の太陽の下で畑仕事をする妊婦、ソナリの一日は午前6時の作業から始まる。――ビジュアルで捉える国際情勢

[ジャコババード・パキスタン発(ロイター)] 5月に摂氏51度の気温を記録し、地球で最も暑い都市になったパキスタンのジャコババード。その灼熱の太陽の下、街の中心部から10キロほど離れたメロン畑で十数人の女性が働いている。

   妊娠中の女性もいる。その一人であるソナリは、「暑さが厳しいとストレスを感じる」と話す。ソナリの隣人で、数週間前に出産した17歳のワデリは、50度を超える気温の中で仕事に復帰した。新生児を近くの日陰で毛布に寝かせ、泣いた時に授乳できるようにしている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top