急成長するAIアートは「誰のもの」か

2022年10月2日
タグ: 展覧会 訴訟
AIが機械学習によって生成したピエロの肖像画 (C)REUTERS
アーティストがAIプログラムでつくったアートの著作権は誰にあるのか。アーティストか、あるいはAIの機械学習に使われた画像の作者か。ビジネスとして急成長するAIアートの倫理的・法的問題が議論を呼んでいる。

[エディンバラ発(トムソン・ロイター財団)]対照的な原色で描かれた歪んだピエロの顔は、いずれも油彩らしい筆致と滲んだ背景が特徴的で、一見したところ画家の作品に見える。しかし、スコットランド在住のアーティスト、ペリー・ジョンソン氏(31)がタブレットに表示したこの画像は、実は人工知能(AI)が生成したもので、アートの世界で広がるトレンドを物語る。

 彼が使用したのは、アルゴリズムが受け取ったテキストメッセージからデータを分析して何千もの画像を生成する、機械学習プログラムだ。彼は生成された画像の中から気に入ったものを選び、仕上げを施した。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top